フリーPHPスクリプト配布【ウェブクローゼット web closet】
閲覧したページをリスト表示 - CheckPageList ver 1.0 -
CheckPageList 『 CheckPageList 』は、サイト内の一度表示したページの履歴を「最近見たページ」の様にリスト表示するスクリトです。
「最近見たページ」の様に表示したり、通販サイトで、「チェックした商品」の様にリンクを表示することができます。
使用例
サンプル(別ウインドウ)
ダウンロード
checkpagelist_1.zip  Free
スクリプトは利用規約をお読みのうえ、ご使用ください。


有料ライセンス取得のご案内 Share
有料ライセンスを取得いただくとスクリプトの下部に表示されている著作者リンクを表示せずにご利用いただけます。
ファイル構成
ディレクトリcheckpagelist
├ check.php 履歴を取得するためのスクリプト
├ checkpagelist.php 履歴を表示するためのスクリプト
├ config.php 設定ファイル(表示させるリンクの件数等を設定するファイル)
├ style.css スタイル設定ファイル(表示させるリンクのフォントサイズ等を設定するファイル)
└ 使用方法.txt
設置方法
  1. 履歴取得用タグを記述

    履歴を取得したいページのhtmlファイルに下記のタグを記入します。
    『☆☆☆』の部分は、設置するサイトのURLをご入力ください。
     
    <img src="http://☆☆☆/checkpagelist/check.php" width="1" height="1" alt="check">

  2. 「閲覧したページリスト」表示用タグを記述

    「閲覧したページリスト」を、表示させたいページのhtmlファイルに下記のタグを記入します。
    『☆☆☆』の部分は、設置するサイトのURLをご入力ください。 
     
    <iframe src="http://☆☆☆/checkpagelist/checkpage.php" frameborder="0" style="width:200px;"></iframe><noframe>お使いのブラウザはインラインフレームをサポートしていないか、または表示しないように設定されているため、ページリストをご覧いただけません。<br><a href="http://www.webcloset.net/" target="_blank">CheckPageList</a></noframe>

  3. ファイルアップロード

    使用方法.txt以外のファイルをアップロードし、下記パーミッションに設定ください。

    ディレクトリcheckpagelist  ⇒755又は705
    ├ check.php  ⇒755又は705
    ├ checkpagelist.php  ⇒755又は705
    ├ config.php  ⇒755又は705
    └ style.css  ⇒644又は604


以上で設定完了です。
表示用のタグを記述したページへアクセスし、表示内容をご確認ください。
また、表示件数の変更等は、config.phpにて設定していただけます。


※「閲覧したページリスト」に表示されるページ名について
「閲覧したページリスト」に表示されるページ名は、各ページのhtmlタグ、<title>〜</title>の間の文字になりますが、 任意のページ名を表示したいという場合は、
下記、履歴取得用タグの『●●●』の部分にページ名をご記入ください。
なお、日本語はURLエンコードに変換の上、ご記入ください。

<img src="http://☆☆☆/checkpagelist/check.php?pagename=●●●" width="1" height="1" alt="check">
動作確認環境
Linux・Apache・PHP Version 5.2.5